Atmospheric Chemistry Group (Climate Science Course), DEES-GSES-NU
Home News and Events Projects People Publications Presentations Join Our Group Contact

ACG Home > Presentations

Presentations (M. Mochida)※リストへの追加作業中

2017年

  1. 宮崎 雄三, 持田 陸宏, 川名 華織, 立花 英里, 鏡味 沙良, 大森 裕子, 谷本 浩志, 山下 洋平, 鈴木 光次, 西岡 純:春季植物プランクトン増殖における大気有機エアロゾルと海洋表層水とのリンケージ, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 千葉, 2017年5月.
  2. 川名 華織, 持田 陸宏, 宮崎 雄三, 鏡味 沙良:春季の北部北太平洋における海洋エアロゾルの粒径分布および雲凝結核活性, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, 千葉, 2017年5月.
  3. 川名華織, 中山智喜, 持田陸宏:都市大気エアロゾルの吸湿成長度分布および個別粒子の質量スペクトルの測定, 日本質量分析学会第65回質量分析総合討論会, つくば, 2017年5月.

2016年

  1. 中川 真秀、中山 智喜、笹子 宏史、車 裕輝、矢井 ひかり、小川 修平、鄧 彦閣、持田 陸宏、松見 豊:エアロゾル散乱全角度分布同時計測装置で測定した光学特性と化学成分の関連, 第22回大気化学討論会, 札幌, 2016年10月.
  2. 矢井 ひかり、鄧 彦閣、小川 修平、足立 光司、中山 智喜、持田 陸宏:名古屋の大気エアロゾルに対する電気移動度走査式のCCN測定, 第22回大気化学討論会, 札幌, 2016年10月.
  3. Yange Deng, Michihiro Mochida, Sara Kagami, Shuhei Ogawa, Kaori Kawana, Tomoki Nakayama, Ryo Kubodera and Kazuma Aoki (Mochida was added to the author list at the time of the presentaion): Organic aerosol hygroscopicity and the contribution to CCN concentrations over a mid-latitude forest facing the North Pacific, International Global Atmospheric Chemistry (IGAC) Project 2016 Science Conference, Breckenridge, CO, USA, September 2016.
  4. 持田 陸宏:大気サブマイクロメータ粒子の吸湿性および雲凝結核活性の計測, 第33回エアロゾル科学・技術研究討論会, 堺, 2016年9月.
  5. 川名華織、持田 陸宏:海洋大気エアロゾルの粒径分布・CCN活性のオンライン測定, 北海道大学 低温科学研究所 共同研究シンポジウム「オホーツク海氷融解水が春季親潮域の植物プランクトンブルームと生物地球化学過程に与える影響に関する研究:研究航海データ検討WS」, 札幌, 2016年7月.
  6. 持田 陸宏:大気微粒子に含まれる有機物と気候の繋がり, サイエンスカフェ 名古屋大学の地球環境科学, 名古屋, 2016年6月.
  7. 中村 優亜、Deng, Yange、宮﨑 雄三、陳 慶彩、持田 陸宏(本番で著者の追加あり):名古屋都市大気に含まれる水溶性粒子状物質の吸湿性のオフライン分析, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月.
  8. 中川 真秀、中山 智喜、笹子 宏史、車 裕輝、矢井 ひかり、小川 修平、鄧 彦閣、持田 陸宏、松見 豊:開発したエアロゾル散乱全角度分布同時計測装置を用いた実大気粒子の測定 -散乱角度分布と化学組成の比較-, 日本地球惑星科学連合2016年大会, 千葉, 2016年5月.
  9. Sathiyamurthi Ramasamy, Akira Ida, Charlotte Jones; Shungo Kato, Hiroshi Tsurumaru, Iori Kishimoto, Shio Kawasaki, Yasuhiro Sadanaga, Yoshihiro Nakashima, Tomoki Nakayama, Yutaka Matsumi, Michihiro Mochida, Sara Kagami, Yange Deng, Shuhei Ogawa, Kaori Kawana, Yoshizumi Kajii: Comprehensive OH reactivity studies in Wakayama forest and low impact on the formation of harmful ozone, 日本化学会第96春季年会, 京田辺, 2016年3月.
  10. 持田陸宏:大気有機エアロゾルの化学構造:その全体像を知るための取り組み, 大気エアロゾルセミナー「有機エアロゾルの最前線」, 大阪, 2016年3月.

2015年

  1. Michiihro Mochida: Hygroscopicity and mixing state of organics in atmospheric aerosols over Japan, 2015 International Chemical Congress of Pacific Basin Societies, Honolulu, USA, December 2015.
  2. Sathiyamurthi Ramasamy, Akira Ida, Charlotte Jones, Shungo Kato, Hiroshi Tsurumaru, Iori Kishimoto, Shio Kawasaki, Yasuhiro Sadanaga, Yoshihiro Nakashima, Tomoki Nakayama, Yutaka Matsumi, Michihiro Mochida, Sara Kagami, Yange Deng, Shuhei Ogawa, Kaori Kawana, Yoshizumi Kajii: Comprehensive OH reactivity studies in the natural vegetation area and low impact on the formation of harmful ozone, International Conference on Nanomaterials for Energy, Environment, Catalysis and Sensors (ICNEECS-15), Madurai, India, December 2015.
  3. Yange Deng, Michiihro Mochida, Sara Kagami, Shuhei Ogawa, and Kaori Kawana(本番で著者の追加あり): Atmospheric aerosol measurement using a cloud condensation nuclei counter at a forest site in Wakayama, Japan, The 13th International Conference on Atmospheric Science and Applications to Air Quality (ASAAQ13), Kobe, Japan, November 2015.
  4. 陳慶彩, 池盛文数, 持田陸宏:都市エアロゾルに含まれる非水溶性有機物の化学構造および光吸収の特徴, 第21回大気化学討論会, 東京, 2015年10月.
  5. 鏡味沙良, 持田陸宏, 鄧彦閣, 小川修平, 中山智喜, 久保寺亮, Ramasamy Sathiyamurthi, 岸本伊織, 鶴丸央, 井田明, 加藤俊吾, 梶井克純, 定永靖宗, 坂東博:夏季の紀伊半島の森林域において生成する有機エアロゾルの特徴, 第21回大気化学討論会, 東京, 2015年10月.
  6. Sathiyamurthi Ramasamy, Akira Ida, Charlotte Jones, Shungo Kato, Hiroshi Tsurumaru, Iori Kishimoto, Shio Kawasaki, Yasuhiro Sadanaga, Yoshihiro Nakashima, Tomoki Nakayama, Yutaka Matsumi, Michihiro Mochida, Yoshizumi Kajii: Summer campaign comprehensive total OH reacitivity measurement in a coniferous forest in Wakayama, 第21回大気化学討論会, 東京, 2015年10月.
  7. 持田陸宏:混合状態に着目したエアロゾル組成・吸湿性の観測研究. 航空機観測による気候・地球システム科学研究の推進, 名古屋, 2015年9月.
  8. Yuemei Han, Kimitaka Kawamura, Michihiro Mochida: Formation of high-molecular-weight compounds by the reactions of C8-C10 straight-chain aldehydes in the presence of atmospheric aerosol components, International Workshop on Heterogeneous Kinetics Related to Atmospheric Aerosols, Beijing, China, August 2015.
  9. 久保寺亮, 中山智喜, 鏡味沙良, 鄧彦閣, 小川修平, 持田陸宏, 足立光司, 青木一真, 松見豊:2014 年夏季紀伊半島森林域におけるエアロゾル光学特性と化学特性の同時観測, 日本地球惑星科学連合 2015年大会, 千葉, 2015年5月.

2014年

  1. 持田陸宏:紀伊半島の森林域における大気エアロゾルの組成および特性:生物起源有機物の寄与, 低温科学研究所 平成26年度共同利用研究集会「寒冷圏陸域植生と大気微粒子・気体成分を介した大気環境の相互作用」, 札幌, 2014年12月.
  2. 持田陸宏:有機エアロゾル成分の粘性の計測に関する研究レビュー, エアロゾル先端計測研究会 第3回会合, 名古屋, 2014年11月.
  3. 鏡味沙良, 持田陸宏, 鄧彦閣, 小川修平:2014年夏季の紀伊半島の森林域における有機エアロゾルの観測, 第20回大気化学討論会, 府中, 2014年10月.
  4. 小川修平, 池盛文数, 久恒邦裕, 山神真紀子, 中山智喜, 持田陸宏(著者に変更有り):冬季から春季における名古屋の都市大気エアロゾルの吸湿特性, 第20回大気化学討論会, 府中, 2014年10月.
  5. 陳慶彩, 池盛文数, 肥後隼人, 持田陸宏:名古屋の大気エアロゾルに含まれる有機物の紫外可視光吸収およびその化学構造的特徴との関係, 第20回大気化学討論会, 府中, 2014年10月.
  6. Kaori Kawana, Yuemei Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Michihiro Mochida: The hygroscopicity of atmospheric aerosol particles and the relation to the presence of cloud condensation nuclei over a forest site in Japan during summer, 13th Quadrennial iCACGP Symposium and 13th IGAC Science Conference on Atmospheric Chemistry, Natal, Brazil, September 2014.
  7. 岩本洋子, 持田陸宏, Sandric C. Y. Leong, 石坂丞二:飛沫から生成する海洋起源エアロゾルの化学的特徴-植物プランクトンを培養した海水を用いた室内実験. 2014年度, 日本地球化学会年会, 富山, 2014年9月.
  8. Qing-Cai Chen, Fumikazu Ikemori, Hayato Higo, Michihiro Mochida: Characterization of organic matter isolated from total suspended particulates in the atmosphere over Nagoya, Japan, 2014 International Aerosol Conference, Busan, Korea, August 2014.
  9. Kaori Kawana, Tomoki Nakayama, Michihiro Mochida: Characterization of hygroscopicity, chemical composition and cloud condensation nucleus activity of urban aerosols in Nagoya, Japan, 2014 International Aerosol Conference, Busan, Korea, August 2014.
  10. 川名華織, 中山智喜, 持田陸宏:HTDMA-AMS装置を用いたエアロゾル粒子の吸湿成長度分布および個別粒子の質量スペクトルの測定. 日本地球惑星科学連合2014年大会, 横浜, 2014.
  11. 持田陸宏:大気エアロゾル粒子の気候とのつながりを探る:先端的計測・分析法の役割と課題. エアロゾル先端計測研究会第1回会合, 京都, 2014.

2013年

  1. Yuemei Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Kimitaka Kawamura, Michihiro Mochida: Evolution and aging of biogenic organic aerosol over a mid-latitude forest site, 2013 AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December 2013.
  2. 川名華織、中山智喜、久芳奈遠美、持田陸宏:名古屋で観測された都市エアロゾル:化学組成、吸湿性、CCN活性の解析および雲粒生成の考察. 平成25年度日本気象学会中部支部研究会, 長野, 2013.
  3. 小川修平,瀬戸口義貴,川名華織,中山智喜,池田裕香,澤田祐希,松見豊,持田陸宏:夏季の名古屋における有機エアロゾルの吸湿性と化学組成の関係. 第19回大気化学討論会, 七尾, 2013.
  4. 陳慶彩,池盛文数,肥後隼人,持田陸宏:名古屋の大気エアロゾルに含まれる有機物の抽出とその化学的特徴の解析. 第19回大気化学討論会, 七尾, 2013.
  5. 岩本洋子,韓月梅,持田陸宏,河村公隆,Stafano Decesari,Maria Cristina Facchini:1D-1HNMRを用いた森林大気エアロゾルに含まれる水溶性有機物の化学的特徴の解析. 日本地球化学会第60回年会, つくば, 2013.
  6. Tomoki Nakayama, Yuka Ikeda, Yoshitaka Setoguchi, Yuuki Sawada, Kaori Kawana, Michihiro Mochida, Yutaka Matsumi: Black and brown carbon light absorption in an urban area, Nagoya, Japan, European Aerosol Conference, September 2013. (Late poster)
  7. 持田陸宏:大気中の新粒子・雲凝結核に関する近年の研究の動向. 名古屋大学太陽地球環境研究所研究集会「宇宙線による雲核生成機構の解明 -ラボ実験とフィールド観測からのアプローチ-」, 名古屋, 2013.
  8. 中山智喜, 池田裕香, 瀬戸口義貴, 澤田祐希, 川名華織, 持田陸宏, 松見豊:名古屋で観測された炭素質エアロゾルの光吸収測定. 日本地球惑星科学連合 2013年大会, 千葉, 2013.
  9. 持田陸宏:HTDMAおよびCCNカウンタによる大気エアロゾル粒子の吸湿性・雲凝結核活性の測定. 日本気象学会2013年度春季大会(専門分科会「エアロゾルの気候と大気環境への影響」), 東京, 2013.
  10. Michihiro Mochida: Atmospheric aerosol studies using HR-ToF-AMS, HTDMA, and CCNC in Japan. Pre-AdMet Workshop, New Delhi, India, February 2013.(招待講演)

2012年

  1. Kaori Kawana, Tomoki Nakayama, Michihiro Mochida: Assessment of CCN based on size-resolved hygroscopicity data: Results from urban aerosol measurements in Nagoya, Japan. 2012 AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December 2012.
  2. Yuemei Han, Michihiro Mochida: A laboratory study on the reactions of gaseous C8-C10 aldehydes in the presence of atmospheric aerosol components: Detection of high-molecular-weight products using mass spectrometry. 第18回大気化学討論会, 朝倉, 2012年11月.
  3. M. Mochida, T. Mihara, H. Furutani, M. Uematsu, and Y. Setoguchi: Chemical composition of single particles in urban aerosols and the relationship to the particle hygroscopicity. 日本エアロゾル学会創立30周年の記念行事のシンポジウム, 金沢, 2012.
  4. Shuhei Ogawa, Yoshitaka Setoguchi, Kaori Kawana, Tomoki Nakayama, Yuka Ikeda, Yuki Sawada, Yutaka Matsumi, and Michihiro Mochida: Size patterns and CCN activity of less hygroscopic aerosol particles observed in the urban atmosphere during summer. 12th IGAC Open Science Conference, Beijing, China, September 2012.
  5. Yuemei Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Kimitaka Kawamura, and Michihiro Mochida: Characterization of the size distribution of organic aerosol components over a forest site in Japan. 12th IGAC Open Science Conference, Beijing, China, September 2012.
  6. T. Mihara and M. Mochida: Single particle characterization using a high-resolution time-of-flight aerosol mass spectrometer: Atmospheric observation in Nagoya, Japan. European Aerosol Conference, Granada, Spain, September 2012.
  7. 福田康朗、河村公隆、持田陸宏、岩本洋子:森林大気中における有機エアロゾルの組成. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012.
  8. 瀬戸口義貴、川名華織、中山智喜、池田裕香、 澤田祐希、松見豊、松本潔、持田陸宏(本番で著者の追加あり):エアロゾル質量分析に基づく名古屋都市エアロゾル中の含窒素・含硫黄有機物の解析. 2012年度日本地球化学会年会, 福岡, 2012.
  9. 持田陸宏:大気微粒子(エアロゾル粒子)の計測から探るその気候とのつながり. 第17回日本気象学会中部支部公開気象講座「大気中の微粒子(エアロゾル)が気候に及ぼす影響」, 名古屋, 2012年8月.
  10. 持田陸宏:有機エアロゾルの吸湿特性. 第29回エアロゾル科学・技術研究討論会(シンポジウムA1), 北九州, 2012.(招待講演)
  11. 池田裕香, 中山智喜, 瀬戸口義貴, 澤田祐希, 川名華織, 持田陸宏, 松見豊: 名古屋におけるエアロゾル光吸収特性の観測:レンズ効果および有機エアロゾルの寄与. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  12. 澤田祐希, 中山智喜, 瀬戸口義貴, 池田裕香, 川名華織, 持田陸宏, 松見豊: 夏季名古屋におけるエアロゾル密度分布測定:化学成分との関係. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  13. 持田陸宏, 瀬戸口義貴:異なる吸湿性を持つエアロゾル粒子の質量分析:名古屋の大気における観測. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  14. Yuemei, Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Kimitaka Kawamura, Tareq Hussein, Michihiro Mochida: New particle formation and growth observed at a forest site in Wakayama, Japan. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  15. 小川修平, 瀬戸口義貴, 川名華織, 小川修平, 中山智喜, 池田裕香, 澤田祐希, 松見豊, 持田陸宏:夏季の名古屋において観測されたエアロゾル粒子の吸湿性と低吸湿性エアロゾル粒子のCCN活性. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  16. 瀬戸口義貴, 川名華織, 小川修平, 中山智喜, 池田裕香, 澤田祐希, 松見豊, 持田陸宏:異なる温度条件における都市エアロゾルの化学組成・粒径分布の解析. 日本地球惑星科学連合 2012年大会, 千葉, 2012.
  17. T. Nakayama, Y. Sawada, Y. Ikeda, Y. Matsumi, Y. Setoguchi, Y. Kawana, M. Mochida: Particle effective density measurements using a DMA-APM-CPC system in Nagoya, Japan: Estimation of mixing state and shape. International symposium on aerosol studies explored by electron microscopy, Tsukuba, Japan, February 2012.
  18. T. Nakayama, Y. Ikeda, Y. Sawada, Y. Matsumi, Y. Setoguchi, Y. Kawana, M. Mochida: Measurements of light absorption enhancement of black carbon using a photo acoustic spectrometer in Nagoya, Japan. International symposium on aerosol studies explored by electron microscopy, Tsukuba, Japan, February 2012.
  19. 澤田祐希, 中山智喜, 瀬戸口義貴, 池田裕香, 川名薫織, 松見 豊, 持田陸宏:夏季名古屋におけるエアロゾル密度分布測定と外部混合状態の推定. 「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」シンポジウム, 京都, 2012年1月.
  20. 池田裕香, 中山智喜, 瀬戸口義貴, 澤田祐希, 川名薫織, 持田陸宏, 松見 豊:夏季名古屋におけるエアロゾル光吸収特性の観測:レンズ効果および有機エアロゾルの寄与の推定. 「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」シンポジウム, 京都, 2012年1月.

2011年

  1. 川名香織, 韓月梅, 岩本洋子, 中山智喜, 河村公隆, Tareq Hussein, 持田陸宏:夏季の和歌山森林域における大気エアロゾル粒子の吸湿特性と雲凝結核活性. 第17回大気化学討論会, 宇治, 2011.
  2. 岩本洋子, 持田陸宏:一次海洋エアロゾルの雲凝結核特性の野外計測.2011年度日本地球化学会第58会年会, 札幌, 2011.
  3. 野坂圭, 河村公隆, 持田陸宏, 岩本洋子:森林における低分子ジカルボン酸・脂肪酸の組成と日変化.2011年度日本地球化学会第58会年会, 札幌, 2011.
  4. Yuemei Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Kimitaka Kawamura, Tareq Hussein, and Michihiro Mochida: Number size distributions of aerosol particles in a forest atmosphere of Japan: Occurrence of the bursts of particles and the growth. AAAR 30th Annual Conference, Orlando, USA, October 2011.
  5. K. Kawana, M. Mochida, and N. Kuba: Assessment of cloud droplet growth based on the measurements of hygroscopicity and CCN activity of aerosol particles in Nagoya, Japan. Goldschmidt 2011, Prague, Czech Republic, August 2011.
  6. Yuemei Han, Yoko Iwamoto, Tomoki Nakayama, Kimitaka Kawamura, and Michihiro Mochida: Measurement of organic aerosol using a high‐resolution aerosol mass spectrometer at a forest site in Japan. The 7th Asian Aerosol Conference, Xi'an, China, 2011. (連名者に変更有り)
  7. 岩本洋子, 持田陸宏: 自然海水から生成する一次海洋エアロゾルの雲凝結核活性の野外実験による測定. 日本地球惑星科学連合2011年大会, 千葉, 2011.
  8. 古谷浩志, 持田陸宏, 植松光夫: 都市大気における大気エアロゾルの単一粒子組成と吸湿性の関係. 日本気象学会2013年度春季大会, 東京, 2011.
  9. 持田陸宏:HTDMAによるエアロゾル粒子の吸湿成長測定. 豊田理化学研究所特定課題研究・低温科学研究所共同利用「核生成の学理と応用」低温科学研究所共同利用「その場観察と理論による氷結晶成長カイネティクスの解明」合同研究会, 札幌, 2011年2月.
  10. 持田陸宏, Yuemei Han, 村瀬沙織:不均一有機反応に伴う実大気エアロゾルの物質移動と吸湿特性変化.「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」平成22年度第2回全体会議, つくば, 2011年1月.

2010年

  1. Michihiro Mochida: Measurements of the hygroscopic growth and CCN activation of aerosol particles at Cape Hedo, Japan, and in the western North Pacific. The 2nd Workshop on Climate and Environment between Nanjing University and Nagoya University, Nagoya, December 2010.
  2. 三原利之, 持田陸宏:飛行時間型エアロゾル質量分析計を用いた単一粒子組成の解析:名古屋における大気測定. 第16回大気化学討論会, 八王子, 2010.
  3. 岩本洋子, 持田陸宏, 廣川淳:連続流型熱拡散チェンバを用いた氷晶核計の性能評価. 第16回大気化学討論会, 八王子, 2010.
  4. 中山智喜, 鏡谷聡美, 西田千春, 持田陸宏, 松見豊:大気エアロゾルの光学特性の湿度依存性と吸湿特性の関係. 第16回大気化学討論会, 八王子, 2010.
  5. Yuemei Han, Michihiro Mochida:Formation of high-molecular-weight comounds by the heterogeneous reactions of straight-chain aldehydes in the presence of atmospheric aerosol components. 第16回大気化学討論会, 八王子, 2010.
  6. 持田陸宏, Yuemei Han:不均一有機反応に伴う実大気エアロゾルの物質移動と吸湿特性変化.「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」平成22年度第1回全体会議, つくば, 2010年9月.
  7. 中山智喜, 鏡谷聡美, 西田千春, 持田陸宏, 松見豊:大気エアロゾルの光学特性の湿度依存性と吸湿特性の関係. 第27回エアロゾル科学・技術研究討論会, 名古屋, 2010年8月.
  8. 岩本洋子, 持田陸宏:飛沫から生成する海洋起源エアロゾルの雲凝結核特性. 第27回エアロゾル科学・技術研究討論会, 名古屋, 2010年8月.
  9. 持田陸宏:エアロゾル粒子の吸湿特性・雲凝結核活性の計測. 第15回エアロゾル基礎講座―大気エアロゾル:シミュレーションと物理化学計測―, 名古屋, 2010年8月.
  10. Toshiyuki Mihara, Michihiro Mochida: Characterization of solvent-extractable organics in urban aerosols using a high resolution time-of-flight aerosol mass spectrometer and a hygroscopicity tandem differential mobility analyzer. 12th Symposium of the International Commission on Atmospheric Chemistry and Global Pollution (iCACGP) and 11th Science Conference of the International Global Atmosphere Chemistry (IGAC) Project, Halifax, Canada, 2010.
  11. Iwamoto, Y., M. Mochida, Leong, S. C. Y., J. Ishizaka: Size distributions and chemical properties of aerosols generated by the bubble bursting of seawater samples with phytoplankton. 12th Symposium of the International Commission on Atmospheric Chemistry and Global Pollution (CACGP) / 11th Science Conference of the International Global Atmospheric Chemistry (IGAC) Project, Halifax, Canada, July 2010.
  12. 中山智喜, 鏡谷聡美, 西田千春, 持田陸宏, 松見豊:エアロゾル光学特性の湿度依存性と吸湿特性の関係. 日本地球惑星科学連合2010年大会, 千葉, 2010.
  13. 川名華織, 持田陸宏:2009年秋季に名古屋で観測されたエアロゾルのCCN活性. 日本気象学会 2010年度春季大会, 東京, 2010.
  14. 岩本洋子, 持田陸宏, Sandric C. Y. Leong, 石坂丞二:飛沫から生成する海洋起源エアロゾルの粒径分布と化学的特徴. 2010年度日本海洋学会春季大会, 東京, 2010.
  15. 持田陸宏:不均一有機反応に伴う実大気エアロゾルの物質移動と吸湿特性変化.「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」平成21年度第2回全体会議, つくば, 2010年1月.

2009年

  1. 持田陸宏, 西田千春, 河村公隆, 鄭進永, 古谷浩志, 植松光夫:西部北太平洋における大気エアロゾルの吸湿特性・雲凝結核活性. 東京大学海洋研究所共同利用研究集会「白鳳丸航海KH-08-02データシンセシス」, 東京, 2009年12月.
  2. 三原利之,持田陸宏:飛行時間型質量分析計により得られた大気エアロゾル中の極性溶媒可溶成分の特徴,第15回大気化学討論会, つくば, 2009.
  3. Mochida, M., C. Nishita-Hara, Y. Kitamori, S. G. Aggarwal, K. Kawamura, K. Miura, A. Takami, H. Furutani, M. Uematsu:Hygroscopicity and cloud condensation nucleus activity of atmospheric aerosol particles over the western Pacific region. IGAC-SPARC Joint Workshop, “The One Atmosphere: Integration, Interface, and Impact,” Kyoto, October 2009.
  4. 持田陸宏:不均一有機反応に伴う実大気エアロゾルの物質移動と吸湿特性変化.「東アジアにおけるエアロゾルの植物・人間系へのインパクト」平成21年度第1回全体会議, 小金井, 2009年8月.
  5. Nishita-Hara, C., M. Mochida, K. Kawamura: CCN efficiency spectra of urban aerosol particles segregated by their hygroscopicities. Goldschmidt2009, Davos, Switzerland, June 2009.
  6. 持田陸宏:大気エアロゾルの吸湿特性と化学組成に関する研究 ―吸湿タンデムDMA法による室内および野外実験―. 日本地球惑星科学連合2009年大会, 千葉, 2009年5月.(招待講演)

2008年

  1. 持田陸宏:海洋生物起源エアロゾル粒子の吸湿特性および雲凝結核能力の同時計測. 第3回特定領域研究「大気海洋部物質循環」全体会議, 2008年12月.
  2. 持田陸宏, 西田千春, S. G. Aggarwal, 北森康之, 河村公隆, 三浦和彦, 高見明憲, 畠山史郎:エアロゾル粒子の吸湿成長因子の変動から雲凝結核能力を理解する試み:沖縄における観測例. 第14回大気化学討論会, 横浜, 2008.
  3. 持田陸宏:海洋生物起源エアロゾル粒子の吸湿特性および雲凝結核能力の同時計測. 第2回特定領域研究「大気海洋部物質循環」全体会議, 2011年11月.
  4. Aggarwal, S. G. *, M. Mochida, Y. Kitamori, K. Kawamura, A. Takami, S. Hatakeyama: Chemical closure on hygroscopic properties of aerosol particles at Okinawa Island, Japan during spring 2007. IGAC Conference 2008, Bridging the scales in Atmospheric Chemistry: Local to Global, Annecy, France, September 2008.
  5. Mochida, M., C. Nishita, S. G. Aggarwal., Y. Kitamori, K. Kawaura, K. Miura, A. Takami, S. Hatakeyama: Comparison between the hygroscopicity and cloud condensation nuclei activity of atmospheric aerosol particles at Cape Hedo, Okinawa. The 25th Symposium on Aerosol Science & Technology in conjunction with International Aerosol Symposium 2008, Kanazawa, Japan, August 2008.
  6. Kitamori, Y., M. Mochida, K. Kawamura: Assessment of the liquid water content in urban aerosol particles by the hygroscopic growth measurements in Sapporo, Japan. The 25th Symposium on Aerosol Science & Technology in conjunction with International Aerosol Symposium 2008, Kanazawa, Japan, August 2008.
  7. 三浦和彦, 古谷浩志, 植松光夫, 持田陸宏, 高見昭憲:辺戸岬における大気エアロゾルの観測. 日本大気電気学会第79回研究発表会, 西原, 2008年7月.

2007年

  1. Mochida, M., N. Umemoto, A. Kurokawa, K. Kawamura: Three-year observation of levoglucosan over Chichi-jima Island in the northwestern Pacific. AGU 2007 Fall Meeting, San Francisco, USA, December 2007.
  2. Shankar G. Aggarwal, 北森康之, 持田陸宏, 河村公隆, 高見昭憲, 畠山史郎:2007年春季に沖縄辺戸岬で観測された海洋エアロゾル粒子の吸湿特性. 第13回大気化学討論会, 名古屋, 2007年11月.
  3. 持田陸宏:海洋生物起源エアロゾル粒子の吸湿特性および雲凝結核能力の同時計測. 第2回特定領域研究「大気海洋部物質循環」全体会議, 2007年11月.
  4. 河村公隆, 立花英理, 渡辺智美, 平賀育代, 持田陸宏:小笠原諸島における低分子ジカルボン酸の長距離大気輸送と変質. 2007年度日本海洋学会秋季大会(シンポジウムD), 西原, 2007年9月.
  5. 持田陸宏, 廣川淳, 中坪俊一:大気エアロゾル粒子の氷晶核能力の解析を目的とした連続流型チェンバの制作. 第24回エアロゾル科学・技術研究討論会, 和光, 2007年8月.
  6. 持田陸宏, 宮川拓真, 竹川暢之, 河村公隆, 近藤豊:二次有機物の生成に伴う都市エアロゾルの混合状態の変化. 日本地球惑星科学連合2007年大会, 千葉, 2007年5月
  7. 北森康之, 持田陸宏, 河村公隆:The characteristic of the liquid water content of urban aerosols in Sapporo, Hokkaido. 日本地球惑星科学連合2007年大会, 千葉, 2007年5月
  8. 北森康之, 持田陸宏, 河村公隆:大気エアロゾル粒子の吸湿成長測定に基づいたその雲凝結核能の評価:エアロゾルの組成と混合状態の影響評価. 第17回大気化学シンポジウム, 豊川, 2007年1月
  9. 河村公隆, 立花英理, 渡辺智美, 平賀育代, 持田陸宏:小笠原諸島・父島エアロゾル中のジカルボン酸と関連有機物の長期変動(2001-2006):陸起源水溶性有機物の長距離大気輸送、光化学的変質および1990-1993年との比較. 第17回大気化学シンポジウム, 豊川, 2007年1月
  10. 桑田幹哲, 持田陸宏, 近藤豊, 竹川暢之, 河村公隆:都市大気エアロゾルの雲凝結核能と揮発性の関係. 第17回大気化学シンポジウム, 豊川, 2007年1月

2006年(11月~)

  1. Kuwata, M., Y. Kondo, M. Mochida, N. Takegawa, K. Kawamura: Cloud condensation nuclei (CCN) activity of non-volatile particles in Tokyo. AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, USA, December 2006.
  2. Kawamura, K., T. Watanabe, I. Hiraga, E. Tachibana, M. Mochida: Long-term trend of dicarboxylic acids, ketoacids and dicarbonyls in the marine aerosols over the western North Pacific in 2001-2006. AGU 2006 Fall Meeting, San Francisco, USA, December 2006.

| Home |