トップページ   >>  教育   >> 進学 Q&A TOP |  教員 |  研究 |  教育 |  入試

進学 Q&A

他大学、他専門の学部からの進学

Q1 これまで、地球や地学に関して学んでいませんが?

心配無用です。地球科学的な内容を学ばずに来た先輩達が、いろいろな大学、学部から毎年入学しています。基礎からじっくり学部の講義で学ぶもよし、大学院の体系理解科目で幅広く地球環境科学を学ぶもよし、あなたの研究テーマや希望にあわせて学習計画を作ることができます。
また、入試では「一般入試」のほかに「自己推薦入試」があります。これは、専門科目にない分野での能力と意欲を自己推薦したい人向けに実施します。自己推薦入試は英語の筆記試験と口述試験で合否を判定します。この入試も是非活用してください。


Q2 私は教育学部の学生ですが、大気水圏科学系でやっていけるでしょうか?

Q1の回答のとおりで、大歓迎です。十分やっていけます。これまでも教育学部から進学し、専修免許を取得して卒業していった先輩がいます。また、社会人入学で高校の先生の職につきながら、在学されている方もおられます。


Q3 他大学からの受験が不利になることは?

不利にも有利にもなりません。入試は公平に行われます。入学者選考にあたって、他大学から受験する積極性は大きなプラスとなります。また、試験での成績が悪くてもがっかりせずに、志望先の教員と連絡をとりながらしっかり勉強してください。英語などは、毎日少しずつでも、数ヵ月続けるだけでグンと伸びますよ。


Q4 専門の試験って難しいの?

過去に出題された問題がWeb上で手に入りますから、参考にしてください。
Q1の回答にある自己推薦入試もあります。


研究室選択

Q5 志望先をはっきり決めていないのですが・・・

心配無用です。大気水圏科学系だけでも、様々な分野を様々なスタイルで追求している教員がいます。入試前の説明会や研究室訪問を通じて、自分自身のスタイルや問題意識と合致する教員・志望先を見つけてください。入試時点でもまだ決めかねていることもあるでしょう。その場合でも、もっともっとじっくり時間をかけて、いろんな教員・大学院生の先輩達と話し合ってみてください。


Q6 プログラミングが得意なのですが、それを活かせる分野はありますか?

大気水圏科学系の中でも多くの分野が大量のデータ処理やシミュレーションを通じてコンピュータープログラミングに関わっています。あなたの特技は非常に有用な手法となり得ます。さらに、就職先へのアピールとしても大きなポイントとなるでしょう。


Q7 数学が苦手ですが大丈夫ですか?

苦手を克服するには、少しずつの努力が大切と感じます。研究テーマによって必要とする知識とツールが異なりますから、志望先の教員や先輩がどんなテーマで研究していて、どのような知識やツールが必要なのか聞いてみてはいかがでしょう?


カリキュラム、修士論文

Q8 どのような講義が開講されているのでしょうか?

コースツリーを参照してください。
これ以外にも、地球惑星科学系や他専攻の講義を受講して、幅広く環境学を学ぶことが可能です。


Q9 修士論文のテーマはどのように決めるのですか?

指導教員と相談して決めます。修士論文ガイドラインを参考にしてください。
ちなみに最近数年間の修士論文のタイトルはここを見てください。


Q10 修士論文を書かないと卒業できないの?

その通りです。修士論文を作成し、合格しなければなりません(修士論文ガイドライン)。そのために必要なカリキュラムが用意されています。指導教員による研究指導を受け、所定の講義及びセミナーの単位を取得することで体系的な知識を取得することで、修士論文を完成することができるでしょう。


日常生活

Q11 大学院の日常生活は講義とゼミが多いのですか?

指導教員の研究スタイルと、あなたの選ぶ研究テーマにもよりますが、修士1年生の期間には、基礎知識を得るためにも受講する講義数が多いと思います。セミナーの受講と参加は、修士論文の作成に直接役立ちますから、修士課程を通して受講することになります。研究内容によっては、野外調査や室内実験に多くの時間をかけることもあるでしょう。

Q12 経済的に苦しいのでバイトはできますか?

可能です。


Q13 家が遠いので車で通いたいのですが?

自動車による通学は,博士前期課程の学生は原則として認められません。博士後期課程の学生で希望する者に対しては,審査の上,通学距離等が一定の要件を満たすことが認定された者にのみ,定期入構・駐車許可証(ステッカー)及び有料の入構カードが発行されます。詳しくはこちら


就職

Q14 修士卒業後は就職希望ですが、就活の時間はとれますか?

研究テーマを考えるときに、その件について指導教員とよく相談する必要があります。近年の傾向では、12月~4月くらいまで、実験や観測の都合と、就活を両立することが難しいことが予想されます。その時期は、就活しながらも研究から遠ざかりすぎないように心がけてくださいね。


Q15 卒業生の就職先を教えてください?

こちらをご覧ください。


Q16 修士(環境学)の学位を持っていると何の役に立ちますか?

Q8とQ18にも関係しますが、幅広く環境学について学んだ場合に修士(環境学)の学位が授与されます。幅広く学ぶ=専門の壁を越えやすいようにカリキュラムが工夫されています。様々な要因の絡み合う環境学を実感してこそ活かせる能力は、今後いろいろな局面で必要とされると確信しています。


Q17 どのような就職支援がありますか?

研究科主催の就職セミナーなどがあります。


Q18 ジャーナリスト関係に就職希望ですが、進学してメリットはありますか?

もちろんメリットがあります。例えば、新聞・雑誌の中でも地球環境に関する話題をわかりやすく解説するためには、大気水圏科学系で学んだことが役立ちます。また、研究成果を広報する職業でも活躍できるでしょう。


その他

Q19 気象予報士の資格を取りたいのですが?

大学院の講義には、気象予報士の試験にも役立つ内容のものもあります。


Q20 他の大学や研究機関との交流は?

環境学研究科として、組織だった研究交流も計画されていますが、それ以外にも教員個人の繋がりで国内・国外、様々な研究交流があります。志望先教員に聞いてみてください。  


Q21 副指導教員って何?

主に研究指導を受ける主指導教員と、様々な角度から助言を得やすいように、副指導教員を置くことができます(置かなくてもかまいません)。あなたの研究テーマに関連して、主指導教員と相談して決めて下さい。


Q22 将来は大気や水圏の科学の研究者を目指しています。

卒業生には、国立研究所の研究者や大学の教員として活躍している先輩が何人も居ます。切磋琢磨して希望に向かってください。


Q23 頑張ればちゃんと卒業できますか?

あなたの頑張りを後押しするために、我々が存在します。どんなバックグラウンドからの学科卒であれ、地球環境科学に感心をもち、探求したい心をお持ちであれば、必ず卒業できます。

トップページ   >>  教育   >> 進学 Q&A TOP |  教員 |  研究 |  教育 |  入試