Climate Science Course

教育・研究内容 研究分野 セミナー情報 大学院進学 関連リンク


新着情報

・[2015/04/15] 気候科学講座紹介資料(最新版) 

教育・研究内容

 近年の温室効果気体の増加に伴う地球温暖化は、現在最も深刻な地球環境問題となっています。 今後の温暖化・地球環境変動を予測するためには、地球気候の維持・変動のメカニズムの解明が不可欠です。当講座では、気候・地球環境変動に関わる様々な物理・化学的プロセスの理解、温室効果気体・オゾン・エアロゾルなどの大気組成変動および氷河変動の解明・予測を目指し、基礎的・応用的な教育・研究を展開しています。



研究分野

研究分野 教員・研究室 関連情報
・気象学・気候学
(海洋の一部を含む)
神沢博 永尾一平  
・大気科学
(実験・観測)
柴田隆
・大気化学
(実験・観測)
持田陸宏
・大気化学・気候学
(大気環境・気候モデリング)
須藤健悟 全球化学気候モデルCHASER
・雪氷圏科学
(地球雪氷学・氷河学)
西村浩一 雪氷圏研究グループ

大学院説明会用資料(気候科学講座)


セミナー情報

随時掲載します。


大学院進学

本講座に進学希望の方は、各研究室担当教員にお問い合わせ下さい。
大学院環境学研究科・受験情報
大学院環境学研究科・地球環境科学専攻・大気水圏科学系の最新入試情報


関連リンク




 
気候科学講座, Graduate School of Environmental Studies